スーパーフードの定義と代表的な食品について

最近、テレビや雑誌で取り上げられることの多いスーパーフードとは一体何なのか。

健康サプリで快適な暮らしを実現しましょう。

分かっているようで分かっていない方も多いのではないでしょうか。



そこで今回はその定義と代表的な食品について説明します。



スーパーフードは1980年代頃、アメリカやカナダで食事療法を研究している人たちの間で使われ始めた言葉です。


栄養価が突出して高い食品のことをこう呼ぶようになりました。

それが2000年代になりアメリカのセレブやモデルの間で流行し、日本でも認知されるようになりました。


スーパーフードの定義は公的な機関で決められたものではなく、厳密な数値などを定めたものはありません。


このためやや曖昧な印象を受けますが、簡単に言うと栄養価バランスが良いこと、一般的な食品より栄養価が高いこと、ある健康成分をずば抜けて多く含んでいること、という基準で選ばれています。


一般的な食品とサプリメントとの中間に位置するもの、と覚えておけば良いでしょうスーパーフードを推進する団体は、国内で摂取を推奨する食品を10種類定めています。


それはスピルリナ、マカ、クコの実(ゴジベリー)、カカオ、チアシード、ココナッツ、アサイー、カムカム、ブロッコリースーパースプラウト、麻の実(ヘンプ)です。

ダイエットや美容に良い食材として名前を聞いたことのあるものも多いはずです。
もちろん体に良いからといってそればかり食べるのは問題ですが、上手に食事に取り入れれば健康増進や美容維持に役立つことでしょう。